岡崎久彦に学ぶ 天皇の存在は国民の財産

岡崎久彦に学ぶ 天皇の存在は国民の財産



天皇の存在は体制の変動期に力を発揮する

 元外交官の岡崎久彦氏は、天皇の存在は、日本が、百年に一度来るかどうかの変動期において、難局を乗り切るための貴重な民族的財産であると解説します。

「日本の天皇制というものは、過去一千年の歴史の中で、明治維新とか、終戦の詔勅とか、百年に一度来るかどうかわからないような変動期において、国民的な統合を失わずに民族の難局を乗り切るのに役に立った貴重な民族的財産であり、通常の時に軽々しく使ってはいけない、まして、毀誉褒貶があり得ることには一切使ってはいけない、ということであった。」

「天皇が国民統合の象徴だという現行憲法の規定は悪くないし、日本の歴史的伝統を反映している。この憲法体制が機能し、天皇が象徴だけにとどまられて、いかなる手垢もつかず次々に皇位を継承されて行く、これが、日本という国が平和と安寧の中に過ごしていることの証左であるとともに、万一既存の体制が、幕藩鎖国体制や、軍国主義体制の末期のように硬直化して国民の利益を守れなくなった時には-どんな体制でも永遠ということはない-国民的統合を失わずにこれに対処する貴重な政治的財産を温存し続けていることになる。」

天皇の存在は、後世の日本人に伝える大事な財産

 
 岡崎氏は、天皇の存在については、その時の外交に有益だとか、国民に人気があるとか、そういう次元の話ではなく、いささかの傷もつけないまま後世の日本人に引き継いでいくことが大事だと説きます。

「天皇制について何よりも大事なことは、その時点時点の日本の外交に役に立つとか、国民に人気があるとかということではなく、いささかのキズも汚れもつけずに、これを後世の世代の日本人に残すことだと論じたのである。」

皇室のプライヴァシーは一般人よりも厳しく

 岡崎氏は、開かれた皇室の行き過ぎを批判し、皇室のプライヴァシーは、一般の人よりも厳しくすることでようやくバランスが取れると述べています。

「皇室の内情を開放すれば良い面も悪い面もすべて外部に曝される。世の中に完全な人間というものも、完全な家族というものも存在しない。皇室にその例外を求めることこそ皇室の神格化を要求することである。もし、多かれ少なかれどこの家庭でもあるような悩み事が表に出た場合、『開かれた皇室』を主張して来た人々は率先して皇室を庇ってくれるだろうか?それは本来期待し得べくもない。」

「どんな一般人でも世間体のために外部に知られたくないこともあり、プライヴァシーの権利がある。皇室にも同じ権利があるのは当然である。まして一般の人がふだんやっているようなことでも、皇室の場合はニュース・ヴァリューがあることを考えると、一般の人よりもプライヴァシーを厳しくするのがバランスのとれた考え方であろう。」

「もし今後とも、『開かれた皇室』のスローガンの下に、皇室のプライヴァシーの保護がはずれてしまった後-何年、何十年か後、あるいは何世代後かの皇室の時かわからないが-その時に何が待ち構えているかということである。その時こそ、天皇制にキズをつける意図のある人々にとってのチャンスが訪れる可能性を排除できないのである。」

「われわれの世代の義務は、そうした危険を出来るかぎり未然に避けられるような制度習慣を後の世代に残して置くことだと思う。」

小室直樹に学ぶ 日本の近代化は天皇の奇蹟 
「テムズとともに」 新天皇のお人柄は?



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です