嫡出否認・親子関係不存在・認知の訴え

嫡出否認・親子関係不存在・認知の訴え



嫡出子

 嫡出子とは、婚姻関係にある男女の間に生まれた子です。

 妻が婚姻中に懐胎した子は、夫の子と推定されます(民法第772条1項)。また、婚姻成立の日から200日を経過した後または婚姻の解消もしくは取消しの日から300日以内に生まれた子は、婚姻中に懐胎したものと推定されます(民法第772条2項)。

 民法第772条とは別に、婚姻成立の日から200日以内に生まれた子は、夫の子と推定はされないものの、嫡出子として扱われます。

嫡出否認の訴え

 夫は、子が嫡出であることを否認することができます。この否認権は、子または親権を争う母に対する「嫡出否認の訴え」によって行います(民法第774条、同775条)。

 嫡出否認の訴えは、夫が子の出生を知った時から1年以内に提起しなければなりません(民法第777条)。この制限は厳格に守られますので、その後DNA鑑定等で親子関係が無いことが判明しても、法的な親子関係を切断することはできません。

 ただし、例外的に、形式上民法772条に該当する場合であっても、妻がその子を懐胎すべき時期に、既に事実上の離婚をして夫婦間の実態が無かったとか、夫が在監中であったなど、夫婦間で性的関係を持つ機会が無かったことが明らかである場合などは、次に述べる親子関係不存在確認の訴えにより、父子関係を争うことができるというのが、最高裁の判例です。

 なお、夫が、子の出生後において、その嫡出であることを承認したときは、その否認権を失います(民法第776条)。

親子関係不存在の訴え

 夫が、推定の及ばない子を自分の子ではないと主張するためには、親子関係不存在確認の訴えを提起できます。

 親子関係不存在確認の訴えは、確認の利益が認められる限り、いつでも提起できます。

 ところで、婚姻から201日目以降に生まれた子については、DNA鑑定により生物学的な証拠で親子関係がないと判明しても、嫡出子と推定されます。この場合、父は、夫が子の出生を知った時から1年を経過すると、法的な親子関係を切断することができなくなります。一方、婚姻から200日目に生まれた子については、嫡出子の推定はなされず、確認の利益がある限り、親子関係不存在確認の訴えを提起することができる、ということになります。

 巷間伝えられるところでは、元光GENJIの大沢樹生さんと、元女優の喜多嶋舞さんの婚姻期間中に生まれた18歳の長男について、離婚後の2015年に大沢氏が提起して認められたのはこの訴えです。大沢氏のケースでは、長男は、婚姻後ちょうど200日後に出生したと報道されていました。

 嫡出否認の訴えを提起するのは夫に限られますが、親子関係不存在確認は、確認の利益が認められる限り、訴でも提起できます。

父を定めることを目的とする訴え

 嫡出の推定が重複する子については、父を定めることを目的とする訴えを提起できます(民法第773条)。また、この場合、夫は、子の出生を知った時から1年以内であれば、嫡出否認の訴えを提起することもできます。

認知の訴え

 子、その直系卑属またはこれらの者の法定代理人は、認知の訴えを提起することができます(民法第787条)

 嫡出推定のされる子は、嫡出否認の訴えにより推定が破られない限り、認知の訴えを提起することができません。また、非嫡出子の母は、胎児を代理して認知の訴えを提起することはできません。
 
 提訴できる期間は、父が生存している間はいつでも可能です。また、父の死後も3年間は検察官を被告として提起する事ができます(民法第787条ただし書き)。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です