行政書士と在宅ライター業

行政書士と在宅ライター業

在宅ライターの需要が増えている



 ここ数年、在宅ライターの需要が増加しています。企業や個人がウェブコンテンツを拡充する必要性が増えていますし、グーグルアドセンスやアフィリエイトで収益を目指すサイトが増大し続けていることなどから、記事テキストの必要性が増えていることによります。これらのテキスト作成は、出版系のライターのように敷居が高くないのが特徴で、とにかく検索に引っかかるキーワードで役立つ情報をたくさん書いてほしいという目的の依頼です。紹介記事・説明記事・宣伝記事・まとめ記事・ハウツー記事・コラムなど、さまざまなジャンルの記事に需要があり活躍の場が広がっています。
 

仕事が見つけやすい

 
 テキスト需要の増加にともない、発注者とライターのマッチングを図るサイトが増加し、それぞれに合う仕事が見つけやすい環境が整っています。
 女性なら、需要のあるジャンル、美容・料理・ファッション・恋愛系の記事などを書ける人が多いでしょう。男性なら、需要のあるジャンルとして、車・バイク・ビジネス等があります。また、法律に関する分野の発注も多くあります。相続・離婚・売買トラブル・不動産・債務整理・交通事故・会社設立ほか様々ざまな事案に、法律的な観点からのライティングが必要になります。

行政書士に適している

 行政書士試験に合格し、行政書士登録して研修を受け、実務を経験すると、法律知識、自動車や建設業などの行政手続きの知識のほか、ビジネスを開業する際の知識、個人事業についての知識等、様々な有益な知識が身につきます。また、行政書士は、多くの人は自己の適性を考えてそのような仕事を選んだのでしょうから、文章力も含めて平均以上の書面作成スキルを持っていることが多いと思います。

 この知識や経験を活かして、法律やビジネス分野のライティングをすれば、行政書士としての実務知識を生かせます。業務として未経験の未知の分野でも、専門書籍等をそろえておき、書籍やウェブサイトで確認しながらライティングをしてみることで、実務知識が身についたり、知識がブラッシュアップされます。行政書士の知識がライター業務に生かせ、ライター業務の知識が行政書士業務に良い効果をもたらすという、相互作用が期待できます。

 開業したての行政書士には、日中は事務所に待機して、早朝に新聞配達をしたり、夕方からアルバイトをして、なんとか生活をしている人が多数います。この場合、日中行政書士事務所で待機している間は、いつ電話や来客があっても良いように気を張っていなければなりませんし、それなりの服装をしてる必要があるので、気が休まる暇がありません。そのうえ、時間外は別の仕事をしていては、体も心も疲弊してしまいます。

 この点、ライティング業務であれば、日中、在宅(在事務所)で行えます。事務所で待機している仕事のない時間にパソコンに向かい作業していれば、収入を生み出すことができますので、時間外の無理なアルバイトを減らすことができます。在宅ライター業務は、報酬こそ安いものの、行政書士が行うのに非常に適した副業と言えそうです。

在宅ライターの仕事が探せるサイト

■クラウドワークス(Crowd Works)
https://crowdworks.jp/

■ランサーズ(Lancers)
https://www.lancers.jp/

■Bizseek(ビズシーク)
https://www.bizseek.jp/

■カコ―(Kacoo)
https://kacoo.jp/

■シュフティ(shifti)
https://app.shufti.jp/

■シノビライティング(Shinobi)
https://crowd.biz-samurai.com/

■ジョブハブ(JobHub)
https://jobhub.jp/

■ココナラ
https://coconala.com/



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です