行政書士の稼ぎ方

行政書士の稼ぎ方

行政書士の集客スタイル

 会社員を辞めて行政書士になる場合、どのような稼ぎ方が可能なのでしょうか? 

 行政書士の集客スタイルでもっとも一般的なのが、行政書士業務は一通り何でもやりますというスタイルです。
 
 ホームページには、「建設業・宅建業・産廃ほか各種許認可、自動車登録変更抹消、車庫証明、遺言・相続手続支援、内容証明、永住許可・帰化申請…」、などと延々と書き連ねることになります。これではあまり特色を出せず訴求力はなさそうですが、何らかの依頼を、どこでもいいから近所の行政書士に頼みたくて探している人は、このホームページを確認してから来ますので、取りこぼしが無いように列記していおくことは、必要なのかもしれません。

 士業の集客では、専門サイトはとても有効な手段です。列記型のメインのホームページのほかに、専門性を打ち出したサイトを作ると問い合わせはまるで違ってきます。

 専門性をアピールするため、各事務所、様々な工夫をしています。

許認可専門パターン

 行政書士の王道、許認可業務。なかでも件数が多い、建設業専門をアピールする事務所は多数あります。許認可は、単価も高く、専門サイトで集客するには適した業務です。地域の需要や競合事務所のサイト戦略を確認してから、自分がどこに専門性を置くかを検討して制作すべきです。

http://www.chuogyosei.com/
https://www.k-kyoka.com/
http://www.kensetsu-e.com/
http://s-regal-office.com/kensetugyou.html

 産廃許可専門をかかげるところもあります。

http://yoshijima-sanpai.com/%EF%BC%91%EF%BC%91%E4%BA%BA%E3%81%AE%E7%94%A3%E5%BB%83%E8%A8%B1%E5%8F%AF%E5%B0%82%E9%96%80%E8%A1%8C%E6%94%BF%E6%9B%B8%E5%A3%AB%E4%BA%8B%E5%8B%99%E6%89%80/
http://www.kankyo-consul.com/
http://sanpai-center.com/

 もちろん運送業専門をかかげるところもあります。

https://kamotsu.sigma-office.jp/
https://unsapo.com/

自動車手続でアピールする

 許認可と並ぶ行政書士の重要業務自動車手続き。
 許認可専門は特定の時期に仕事の集中しがちですが、自動車は通年で売上げを得やすい仕事です。

http://www.kizuna-group.com/
http://www.e-shinnsei.com/
http://www.keyaki-oss.com/

交通事故分野の専門性をアピールする

 自賠責の被害者請求自体は行政書士にも可能な業務ですが、大阪高裁平成26年6月12日判決は将来紛議が生じることが不可避な事案については、弁護士法違反となり、行政書士と依頼者の準委任契約は無効になると判示しました(https://wp.me/pabbNt-qS)。行政書士による被害者請求自体が否定されたわけではないですが、今後は行政書士の関与は減少していくものと見込まれます。これから手を出す分野ではありません。

http://www.yonetsubo.or.jp/
https://www.g-sugiura.com/
http://gy.haba-office.net/index.html
http://ayumigyousei.com/

経歴を生かしてアピールする

 行政書士の場合、前職を活かした業務をして、専門性をアピールすることも多くなっています。
 元建設会社勤務の人が建設業許認可を、元自動車ディーラー等勤務の人が自動車手続きを、元損害保険会社勤務の人が自賠責被害者請求などを得意とするケースが多くなっています。
 
 おもしろいところでは、元銀行員の人たちが、融資・資金調達などの業務を手掛けることでしょうか。
 どこをどうすれば融資を受けられるかに精通した資金調達のプロが、創業計画書からをサポートして、融資を受けるアドバイスと書面作成をする業務です。元銀行員や元信金マンですと、この業務をするのに大変説得力がありますね。
 
http://www.iwajimu.jp/
http://www5e.biglobe.ne.jp/~stbank/index.html
https://www.gyosei223.com/yuushi

家系図

 家系図製作は行政書士業務ではなありませんが、行政書士が得意とする業務ですね。

https://www.higuchi-office.net/
http://www.5senzo.net/6ir.html
https://no1kakeizu.com/

 全国から仕事を集客できるというメリットがあります。
 その分、全国的な価格競争にさらされることもありますが、付加価値をつけたサービスで対応するしかないですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です