司法書士の試験

司法書士の試験

受験資格

 年齢・性別・学歴等に関係なく誰でも受験できます。

受験手数料

 金8000円

試験日

 筆記試験 7月の第1日曜日
  
 口述試験 10月

試験の時間割

 
 午前9時30分から午前11時30分 
  憲法・民法・刑法・商法(会社法)
 
 午後1時から午後4時まで 

  不動産登記法・商業登記法・供託法・民事訴訟法・
  民事執行法・民事保全法・司法書士法

試験内容

 平成30年度の場合

 憲法      3問
 民法     20問 
 刑法      3問 
 商法(会社法) 9問

 不動産登記法 17問(うち一問は記述)
 商業登記法   9問(うち一問は記述)
 供託法     3問
 民事訴訟法   5問
 民事執行法   1問
 民事保全法   1問
 司法書士法   1問

 民法と会社法、不動産登記法と商業登記法からの出題が圧倒的に多くなっています。

配点

 午前(択一35問)

  35問 × 3点 = 105点満点

 午後(択一35問)
   
  35問 × 3点 = 105点満点

 午後(記述式 2問)

  2問 × 35点 = 70点満点 
 

合格点

 平成30年度は、満点280点中212.5点以上

 ただし、以下の基準点に達しない場合には,それだけで不合格となります

 午前択一  満点105点中78点(35問中26問)
 午後択一  満点105点中72点(35問中24問)
 午後記述  満点 70点中37点

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です