行政書士は開業費用が安い

行政書士は開業費用が安い

行政書士の開業費用

 行政書士の良いところは、開業費用が小さいことです。

 必ず必要な設備は、事務所とパソコン・電話とFAXです。

 事務所は、自宅事務所で問題ありません。

 あとは日本行政書士会連合会への登録や、行政書士会への入会費用です。

 東京では、登録諸費用が、東京で約27万6000円です。

 内訳は、

  登録手数料    2万5000円
  入会金         20万円
  会費3ヶ月分   1万8000円
  政治連盟会費3ヶ月分 3000円
  登録免許税        3万円

となります。

 入会金が、各地の行政書士会により異るので、地域差があります。
 例えば、大阪では上記の入会金が25万円です。

 各月の会費も6000円程度で、他の士業にくらべて格安です。

 もちろん、上記以外にも、必要な専門書は買う必要がありますし、職印、名刺など細かい出費はありますが、細かな雑費は10万以下に抑えることが可能でしょう。

 仕入れも設備投資もほとんどなく、これだけではじめられる商売はほとんどないでしょう。

 登録の手順としては、まずは、事務所を準備してから、自分が開業する各都道府県の行政書士会に連絡し、日本行政書士会連合会への登録手続きをします。必要書類を提出し入会金等を納付すると、この登録申請後、2~3ヶ月で登録され、行政書士証票が公布されます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です