探偵になるには

探偵になるには
 

 警察への届出だけで、ほぼ誰でも参入できる探偵業。未経験でいきなり開業する人も少なくありません。会社員以外の仕事ないのかなと探している人にとっては、資格不要・資本不要ではじめられるこの仕事は、選択肢の一つになり得ます。

浮気調査が大半

 探偵業者が掲げる調査項目には、浮気調査、家出調査、企業調査、結婚身元調査、盗聴器発見調査、ストーカー対策など多様なものがありますが、実際の依頼は、大半は浮気調査です。

 尾行や追跡等により、浮気の証拠となる写真や動画をとり、離婚訴訟に耐えうるよう、日時や場所の撮影者や撮影状況などを詳細に記した報告書を作る仕事です。

 浮気調査の依頼が圧倒的に多いのであれば、開業する際には、浮気調査専門で公告やHPを作り、探偵業務に慣れてから、ほかの業務に少しずつ手を広げていくほうがよいかもしれません。 

 浮気一本に絞れば、ノウハウも早く習得できますし、機材などの準備のための費用も安く済みます。

 家出人の捜索調査などは、依頼者からヒアリングした内容をもとに、立寄り先を確認してまわるくらいの調査になりがちです。何か特別な方法を期待する依頼者の期待に見合うだけの効果が見込める可能性は低く、報告書の内容も形式的な浅いものになりがちです。このような種類の業務は、独立当初から手掛けてもトラブルになりやすいと考えられます。

 浮気調査は、調査対象者ははっきりしていることが多く、依頼者側がある程度対象者の行動パターンを把握していることが多く、浮気していたとしてもいなかったとしても、ある程度の内容のある報告書が作りやすい分野です。

報酬

 探偵業の報酬については、特に法律的な上限規制などもありません。

 しかし、トラブルにならないよう、きちんとした基準を設けて、依頼者に説明すべきですね。

 浮気調査であれば、依頼者と打ち合わせ、調査する期間、調査する曜日、調査する時間帯、調査する方法(尾行・追跡)などを決めるのが一般的です。

 費用については、ガソリン代などの実費がかかることも考えなければなりませんし、常識的には、最低でも、1人あたりの時間単価5000円以上、深夜であればその1.5倍は頂戴しないと、事業としては成り立たないでしょう。

保険調査会社

 経験を積みたくても、探偵の求人は少ないですね。

 未経験からはじめる人が多い分、探偵業者は、「警察OBです」などと広告にいれるのが好きなようです。実際のところ、警察とは権限がちがいますので、組織と権限で仕事をしていた警察OBが、探偵としての調査能力に優れているなどということはないでしょう。しかし、依頼者にとっては、「元公務員だから捜査になれてるし、ぼったくったりや悪いことはしないだろう」、という安心感はあるかもしれません。

 保険会社から委託を受けて調査を行う保険調査会社は、多くが探偵業登録をしています。

 保険調査会社の主業務は、当事者・病院・警察などからのヒアリング、あるいは交通事故などの現場確認調査などをして保険会社に報告書を提出する仕事ですから、探偵のイメージとは外れますが、モラルリスクと呼ばれる不正請求事案については、尾行や、張り込み、聴きこみなどをして調査することがあります。例えば、「事故による怪我で車椅子になった」と主張している人の家に張り込み、歩いて街に出るところを撮影して保険会社に渡し、保険会社が裁判の証拠として法廷に出すというわけです。
 また、事故の加害者などと連絡が取れない場合にも、調査会社に依頼して、現地に行き、周辺への聴きこみなどをしてもらうこともあります。いわゆる所在確認業務ですね。このような業務も手掛けることから、探偵業登録をしているところがほとんどです。

 大手保険調査会社は、ほとんど常に、業務委託調査員を募集していますので、比較的容易に採用されます。未経験は不安だが、探偵の求人はないしという場合、少し経験しておくのもよいかもしれません。探偵業での開業を考えるなら、依頼者に前職などを聴かれることもありますから、一度在籍しておけば「大手の保険調査会社にいた」と言っても嘘にはなりません(実際には、不正請求事案はベテラン調査員が中心の仕事になりますので、少しばかり在籍しても、張り込みの交代要員などお手伝い程度になりますが、経験になるでしょう)。

 また、大手信用調査会社も、業務委託契約の調査員を募集していることが多いので、こちらにも登録すれば、企業信用調査の興信所的な業務の一端にかかわることができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です