売買仲介の実務フロー(売主側)

売買仲介の実務フロー(売主側)

 売買仲介の実務の基本的な流れは、以下のようになります。
  

売主(元付)側の場合

①不動産の物件調査をして査定価格を出す

②媒介契約を締結する

③物件情報を公開する

④照会対応・物件案内

⑤購入希望者の発見

⑥売買契約書等・重要事項説明書の作成
 

⑦売買契約 → 決済

①不動産の物件調査をして査定価格を出す

 売り物件の相談があれば、すぐに日時を決めて訪問し、物件の調査して、価格を査定をします。

 マニュアルやソフトウェアにより計算します。

 一般的な住宅であれば、近隣の取引事例があり、それほど難しくはありません。

②媒介契約を締結する

 価格を査定したうえで、お客さんに説明し、納得が得られたら、媒介契約を締結します。

 依頼者が難色を示すようなら、時間がかかる可能性が高いことを説明したうえで、売出し価格は若干高めにして、状況をみてから、段階的に下げるというアプローチもあります。

 売主が非現実的な価格に固執し、売れなければ売れないで持っておくというような構えであれば、何度も案内だけさせられ徒労に終わる可能性がありますので、そもそも依頼を受けないほうが良いこともあります。

③物件情報を公開する

 物件資料を作成し、レインズや不動産情報サイトに登録します。必要に応じて、建て看板や広告も行います。 

④照会対応・物件案内

 物件に対する照会や、内覧依頼に対応します。

⑤購入希望者の発見

 買受けを希望する人が現れ、資金調達の目途がついたら、売主の承諾を経て、売買契約に進みます。

⑥売買契約書等・重要事項説明書の作成

 
 売買契約書や重要事項説明書を作成して、決済へと進みます。

 重要事項説明書は、情報を持っている売主側業者が作成することが通常ですが、買主側の宅建業者が自社で行いたいということもあります。

所属する協会から定型的な書式がダウンロードできます、

⑦売買契約、決済

 
 売買契約の締結後、代金の決済が行われますので、この時に報酬を受領します。

 買主が融資を受けない場合は同日に行うことが可能です。

 買主が、融資を受ける場合は、売買契約を先に行い、ローンが実行される日に決済日を設けます。
 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です