石田ゆり子 一度は誰かの奥さんに…

石田ゆり子さん 一度は誰かの奥さんに…

 美人で女優の石田ゆり子さん(48歳)が、映画「コーヒーが冷めないうちに」の宣伝のため、連続してテレビのバラエティーやトーク番組に出演し、現在の心境や人生観等を語りました。

憧れのシチュエーション

 2018年9月21日に放送された、TBS系「ぴったんこカン・カン」では、MCの安住紳一郎アナウンサー(45歳)を相手に、男性との憧れのシチュエーションを語っています。
 
 石田さんは、安住アナをラフな服装に着替えさせ、夜の中目黒でラーメン店を訪問。

石田:「真夜中に、大好きな人と、普段着で、ラーメン屋さんに、ふらっと来るっていうのが、とてもかなわない、なかなかかなわない、私のあこがれのシチュエーションなんですよ」

安住:「なんかもう明日にでも実践できそうな気がしますけど」

石田:「意外とハードル高いんですよ」

と語り、学生のような若々しい感性を見せました。

結婚について

 2018年9月22日に放送された、阿川佐和子さん(64歳)がMCを務めるトーク番組「サワコの朝」に出演。

 美人でありながら、結婚歴がなく独身であることが注目されることが多い石田さんは、阿川さんに「(結婚)したいんですか?」と問われ、

石田:「あの、一生のうち、一度は誰かの奥さんになりたいとが思ってます」

阿川:「なぜ?」

石田:「なんかこう一度も誰かの妻にもならず終わっていうのは、ちょっと寂しいなっていう意識は正直あります」

と述べました。

 他方、
 
「常に人がそばにいるのがだめなんですわたし」 

「ずっーと人がそばにいると本当になんか頭がおかしくなりそうっていうか…、一人になりたいって思ってしまうんです」

と述べながら、

「私ももう40代がもうすぐ、あと1年くらいで終わるんですけど、さすがに人生を考えると言うか…」

「まあ、ここまで独身だったらもういいかと腹をくくりだしたところでもあったんです」

「その気になればいつだって結婚できるでしょっ、みたいなことよく言われるんですけど、そんなことはない。そこまではおごってない」

と、複雑な心境を語りました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です