合同会社の作り方②

特集:独立・起業 合同会社の作り方②

 次に、本店所在地と資本金の額の決定書というものを作ります。

本店所在地及び資本金の額の決定書

 本店所在地及び資本金の額に関する事項は、次のとおりとする。

 1 本店所在場所 東京都千代田区●●●●●●

 2 資本金  金300万円

 以上の決定事項を明確にするため、本決定書を作成し、発起人が次に記名押印する。

 20●●年●月●●日
 
 JKLMN合同会社

  社員 出資額金200万円 
     東京都江東区●●●● 服田 売男  印(実印)
                  
  社員 出資額金100万円 
     東京都江東区●●●● 服田 売子  印(実印)

これで添付書類は揃いました。

 最後に、登記申請書と収入印紙を貼り付ける台紙を作成します。

 A4用紙に、

合同会社設立登記申請書

1 商号 JKLMN合同会社

1 本店 東京都千代田区●●●●●●

1 登記の事由 平成●●年●月●●日 設立手続終了

1 登記すべき事項 別添CD-Rのとおり

1 課税標準金額 金300万円(資本金の額)

1 登録免許税 金6万円

1 添付書類  
  定款              1通
  本店所在地及び資本金決定書   1通
  代表社員の印鑑証明書      1通
  払込みがあったことを証する書面 1通

             上記のとおり、登記の申請をします。

平成●●年●月●●日
             
(本店)東京都千代田区●●●●●●
    申請人   JKLMN合同会社
    
    東京都江東区●●●●●●
    代表社員  服田 売男 印(代表印)

●●地方法務局 御中


 
という具合に作成します。

そして、


  A4白紙に収入印紙を貼る


 白紙に収入印紙6万円を貼って、登録免許税を納付します。※

そして、登記申請書を1枚目、印紙を貼った白紙を2枚目にしてホッチキスで閉じ、契印しください。収入印紙には割印しないでください。

※ 登録免許税は資本金の額の1000分の7(その額が6万円に満たない場合には、金6万円)です。資本金のが額、857万円を超える場合は注意してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です