財務省と予算編成権 榊原英資に学ぶ

財務省と予算編成権 榊原英資に学ぶ



財務省と予算編成権

 元財務官の榊原英資氏は、財務省の最も重要な仕事は「税を含む毎年の予算編成」、と述べます。もちろん、予算を決定するのは国会で「財務省は、そのための事務局」に過ぎないのが本来ですが、「アメリカ等と違って、日本で予算を実際に編成しているのは国会ではなく財務省なのです」、と解説します。
 

予算編成の流れ

 日本の予算編成の具体的な流れは、まず「毎年、予算の概算要求は8月に出されます」。そして、「9月からほぼ4か月をかけて調整作業が行われ、最終的に財務省原案」が出来ます。

 この財務省原案が、毎年12月末に、国会に提出されます。そして、復活折衝を経て財務省原案が政府案になり、「この政府案が1月20日前後に召集される国会に提出される」、ことになります。

予算編成の流れ

 榊原英資氏は、「財務省原案すなわち政府案が国会で修正されることは極めて稀」、と解説します。

 その理由は、財務省原案は、財務省主計局により「事務的な折衝が積み重ねられた後、最後は関係省庁との大臣折衝になります。この折衝には、政務調査会長等、党の政策決定の中心にある人達が同席することもあります」、という要領で作られており、既に政治的な根回しが完了しているからです。

 このため、「主計局長はもとより主計局次長や主計官達は、多くの政治家達と密接な連絡を取り、予算を組み立てていきます。総理大臣や各省大臣の意見、党の幹事長や政調会長の意見等をしっかりと反映させた予算をつくらなければ、閣議で承認されませんし、国会で可決されません。十分根まわしをしながら、時間をかけて予算をつくっていくのです。」、とのことです。

予算編成権回復の試み

 榊原英資氏は、「財務省の予算編成権を内閣に移そうという試みは、1955年の保守合同の時からしばしば起っています。」、と解説します。「鳩山一郎内閣の農林大臣、河野一郎は主計局の内閣移管を試みましたが、当時の石原周夫官房長、谷村裕官房文書課長等が八方を飛び回って説得し、次の石橋湛山内閣で元大蔵官僚の池田勇人が大蔵大臣に就任すると、この河野構想は頓挫」しました。

 また、「最近では小泉純一郎内閣の時に経済財政諮問会議に予算編成権を移そうという試みがなされ、担当の竹中平蔵大臣等が相当努力した結果、少なくとも予算編成の基本方針はこの会議で設定する」、ことになりました。

 なお、榊原氏は、元財務官僚で財務省を鋭く批判する事が多い高橋洋一氏のことを「小泉純一郎内閣の時期に竹中平蔵のブレーンとして財務省から予算編成権を切り離そうと画策し、財務省を辞めざるを得なくなった人物です。」、と考えています。

 小泉内閣で行われた、予算編成権を政治に取り戻すための改革も、脱官僚政治を訴えていたはずの民主党政権で水の泡になります。自身の政治生命のすべてを財務省に捧げた野田佳彦が、財務省の意向に従い、原状に戻しました。

 国民としては最悪な話ですが、榊原氏は、「経済財政諮問会議も政権交代後になくなり、財務省主計局の予算編成権はいまや盤石です。野田佳彦総理が前財務大臣だったこともあり、現在の民主党政権での財務省主計局の力はむしろ強くなっていると言うことができるでしょう」と、財務官僚らしく肯定的な書きぶりをしています。

財務省と予算編成権 榊原英資に学ぶ
財務省の組織・局の序列 榊原英資に学ぶ
財務省人事 次の事務次官は誰? ’19

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です