財務省人事 次の事務次官は誰? ’19

財務省人事 次の事務次官は誰? ’19



財務省 事務次官の出世コースとは

 何度日本経済に打撃を与え、国民を困窮させても、緊縮財政と消費増税に邁進する財務省。戦前の日本において、軍のエリートたちが、大局観を喪失したまま、その優れた能力を自らの組織のために捧げ、戦略目的も無く戦線を拡大し続け、国が滅びた経験と重なります。

 日本人は、同じ失敗を繰り返し続けるのでしょうか。
 
 評論家の倉山満氏は、財務事務次官に出世する王道コースについて、「(主計局)三席→(主計局)次席→(主計局)首席→総括審議官→官房長→主計局長→事務次官、と上がっていくのが王道です。」(28:45)、と解説しています。

 これをもとに、財務省の事務次官の出世コースを確認するとともに、今後の事務次官が誰になるのかを検討してみたいと思います。

財務省人事データ

 近年、財務省事務次官「王道コース」のポストについた人物は、以下のとおりです。

【2015年の幹部構成】
事務次官   田中一穂(S54年入省)
主計局長   福田淳一(S57年入省)
大臣官房長  岡本薫明(S58年入省)
総括審議官  太田 充(S58年入省)

主計局次長(首席) 美並義人(S59年入省)
主計局次長(次席) 可部哲生(S60年入省)
主計局次長(三席) 茶谷栄治(S61年入省)

【2016年の幹部構成】
事務次官   佐藤慎一(S55年入省)
主計局長   福田淳一(S57年入省)
大臣官房長  岡本薫明(S58年入省)
総括審議官  太田 充(S58年入省)

主計局次長(首席) 可部哲生(S60年入省)
主計局次長(次席) 藤井健志(S60年入省)
主計局次長(三席) 茶谷栄治(S61年入省)

【2017年の幹部構成】

事務次官   福田淳一(S57年入省)
主計局長   岡本薫明(S58年入省)
大臣官房長  矢野康治(S60年入省)
総括審議官  可部哲生(S60年入省)

主計局次長(首席) 茶谷栄治(S61年入省)
主計局次長(次席) 大鹿行宏(S61年入省)
主計局次長(三席) 神田眞人(S62年入省)

【2018年の幹部構成】

事務次官  岡本薫明(S58年入省)
主計局長  太田 充(S58年入省)
大臣官房長 矢野康治(S60年入省)
総括審議官 茶谷栄治(S61年入省)

主計局次長(首席) 神田眞人(S62年入省)
主計局次長(次席) 阪田渉(S63年入省)
主計局次長(三席) 宇波弘貴(H元年入省)



福田淳一(S57年入省)の経歴

 前事務次官の福田淳一氏の経歴は、以下のとおりです。セクハラスキャンダルで、事務次官在任中に辞任しました。

2011年 主計局次長(三席)
2012年 主計局次長(次席)
2013年 主計局次長(首席)
2014年 大臣官房長
2015年 主計局長
2016年 主計局長
2017年 事務次官

 倉山満氏の、事務次官になるには「(主計局)三席→(主計局)次席→(主計局)首席→総括審議官→官房長→主計局長→事務次官、と上がっていくのが王道です」、という解説に従ってみていくと、総括審議官を経ていないだけで見事な王道コースを歩んでいます。
 

岡本薫明(S58年入省)の経歴

 

 現在の事務次官、岡本薫明の経歴は、以下のとおりです。

2012年 主計局次長(三席)
2013年 主計局次長(次席)
2014年 主計局次長(首席)
2015年 大臣官房長
2016年 大臣官房長
2017年 主計局長
2018年 事務次官

 倉山満氏の、事務次官になるには「(主計局)三席→(主計局)次席→(主計局)首席→総括審議官→官房長→主計局長→事務次官、と上がっていくのが王道です」、という解説に従ってみていくと、福田前事務次官と同様に、総括審議官を経ていないだけで、見事な王道のコースを歩んでいます。

 福田事務次官、岡本事務次官は、きわめて手堅いコースを歩み、事務次官に就任していることになります。

太田充(S58年入省)の経歴

 現在の主計局長、太田充の経歴は、以下のとおりです。

2012年 主税局審議官
2013年 主計局次長(三席)
2014年 主計局次長(次席)
2015年 総括審議官
2016年 総括審議官
2017年 理財局長
2018年 主計局長

 常に、同期の岡本薫明現事務次官を追うコースにいたことが分かります。

 倉山満氏の、事務次官になるには「(主計局)三席→(主計局)次席→(主計局)首席→総括審議官→官房長→主計局長→事務次官、と上がっていくのが王道です」という解説に従ってみていくと、同期の岡本氏にはばまれ、主計局次長(首席)と大臣官房長は経験していません。しかし、総括審議官を経て、主計局長の地位をつかみました。

 主計局長になれば、次期事務次官ということでほぼ決定です。

 主計局長が事務次官になれなかったのは、直近では1997年に主計局長に就いた涌井洋治に遡ります。涌井は、大蔵省接待スキャンダルで失脚しました。その前は1974年に主計局長に就いた橋口収です。橋口は、田中角栄の政治介入に阻まれ、同期の主税局長高木文雄に事務次官の座を奪われています。それ以前は、後に総理になる福田赳夫が、主計局長時に収賄容疑で逮捕され(後に無罪)事務次官の座を逃したことがあります。

 2018年の財務省文書改竄スキャンダルで処分を受けた岡本薫明は、その直後に事務次官になることができました。よほどのことがなければ、次の事務次官は太田充で確定ということになります。昭和58年入省で岡本氏と同期ですが、昭和59年入省組に、王道コースの事務次官候補者がいないので、出番がまわってきました。

矢野康治(S60年入省)の経歴

 

 現在の大臣官房長、矢野康治の経歴は、以下のとおりです。

2012年 官房長官秘書官
2013年 官房長官秘書官
2014年 官房長官秘書官
2015年 官房長官秘書官
2016年 主税局審議官
2017年 大臣官房長
2018年 大臣官房長

 倉山満氏の、事務次官になるには「(主計局)三席→(主計局)次席→(主計局)首席→総括審議官→官房長→主計局長→事務次官、と上がっていくのが王道です」という解説に従ってみていくと、大臣官房長以外は経験しておらず、王道コースから外れています。

 菅義偉官房長官のもとで秘書官を務めて、主税局審議官から、一気に大臣官房長になりました。財務省的には、これはサプライズ人事のようです。大臣官房長という事務次官コースに乗ったものの、上記の太田氏、下記の可部氏に比べて、王道は歩んでいませんので、事務次官となる可能性は少なそうです。

可部哲生(S60年入省)の経歴

 現在の理財局長、可部哲生の経歴は、以下のとおりです。

 
2012年 主計局総務課長
2013年 官房総合政策課長
2014年 国際局審議官
2015年 主計局次長(次席)
2016年 主計局次長(首席)
2017年 総括審議官
2018年 理財局長

 倉山満氏の、事務次官になるには「(主計局)三席→(主計局)次席→(主計局)首席→総括審議官→官房長→主計局長→事務次官、と上がっていくのが王道です」という解説に従ってみていくと、主計局次長首席を経て、総括審議官ですから、王道コースに近いものがあります。

 しかし、大臣官房長は経験しておらず、2018年に理財局長となったことから、福田前事務次官や岡本事務次官ほどには万全の王道コースは歩んでいない、ということになります。

 もっとも、現在の主計局長太田充が、総括審議官→理財局長→主計局長となっていることから、この流れが続くならば、理財局長から主計局長となるのは、何ら問題ありません。元財務官の榊原英資は、「理財局長は中間的なポストです。理財局長の経験者は、その後、金融庁・国税庁・環境省などにいったり、官房長などの要職に就任したりと、人によってまちまちです。」(「財務省」新潮新書、榊原英資、2012)と述べており、以前から人事的に柔軟な使い方ができるポストです。

 王道まっしぐらの可部が理財局長になったということは、前任者の太田と同じコースを歩む可能性が高そうです。したがって、可部哲生は、太田充の次の主計局長、太田充の次の事務次官の有力候補、ということになりそうです。

 ところで、この可部氏の妻は自民党の岸田文雄衆議院議員の妹です。
 ポスト安倍の有力候補は、自民党の派閥構成でいえば岸田文雄ですから、岸田総理のもとで、義弟の可部哲生が財務省事務次官となり、義兄弟で日本を取り仕切る可能性もありそうです。

藤井健志(S60年入省)の経歴

 現在の国税庁長官藤井健志の経歴は、以下のとおりです。

2012年 官房文書課長
2013年 主税局審議官
2014年 主税局審議官
2015年 内閣審議官
2016年 主計局次長(次席)
2017年 国税庁次長
2018年 国税庁長官

 倉山満氏の、事務次官になるには「(主計局)三席→(主計局)次席→(主計局)首席→総括審議官→官房長→主計局長→事務次官、と上がっていくのが王道です」という解説に従ってみていくと、2016年の主計局次長(次席)により一瞬王道コースに入りましたが、一期のみで、国税庁に異動し、現在は国税庁長官になっています。

 国税庁長官は、格の上では、事務次官に次ぐランクの名誉あるポストとなり、ここで一丁上がりで退職となるのが通常のようです。もっとも、90年代には国税庁長官から事務次官になった人が何人もいますので、可能性がゼロというわけではないようです。しかし、同期の可部哲生が、現在の太田主計局長とほぼ同様の王道コースを歩んでいること、及び同期の矢野康治が大臣官房長を務めていることからみれば、可能性はほとんど無いと考えられます。

茶谷栄治(S61年入省)の経歴

 現在の総括審議官、茶谷英治の経歴は、以下のとおりです。

2012年 官房秘書課長
2013年 官房秘書課長
2014年 官房秘書課長
2015年 主計局次長(三席)
2016年 主計局次長(三席)
2017年 主計局次長(首席)
2018年 総括審議官

 倉山満氏の、事務次官になるには「(主計局)三席→(主計局)次席→(主計局)首席→総括審議官→官房長→主計局長→事務次官、と上がっていくのが王道です」という解説に従ってみていくと、主計局次長(首席)を経ての総括審議官ですから、王道コースを歩んできました。

 このまま王道コースを行くならば、2019年に大臣官房長、2020年主計局長、2021年事務次官、という可能性がありそうです。

神田眞人(S62年入省)

 現在の主計局次長(首席)の神田眞人の経歴は、以下のとおりです。

2016年 金融庁参事官
2017年 主計局次長(三席)
2018年 主計局次長(首席)

 この人物は、

「東京大学法学部卒業、オックスフォード大学経済学修士。世界銀行審議役、財務省主計局主査(運輸、郵政担当を歴任)、国際局為替市場課補佐、大臣官房秘書課企画官、世界銀行理事代理、主計局給与共済課長、主計官(文部科学、経済産業、環境、司法・警察、財務担当を歴任)、国際局開発政策課長、同総務課長等を経て現職。」

 とのことです。
 一気に、主計局次長(首席)となりましたので、2019年のポスト次第では、茶谷氏の次の事務次官候補と言えそうです。

まとめ

 今後の財務事務次官は、王道コースで行けば、

 岡本事務次官(S58年入省) → 太田充(S58年入省) → 可部哲生(S60年入省) → 茶谷栄治(S61年入省) 

という流れが考えられます。

 もっとも、可部氏の世代には大臣官房長の矢野康治がいるので、何が起きるかは断定できません。

 なお、財務省の幹部人事は、例年7月頃になされます。

財務省と予算編成権 榊原英資に学ぶ
財務省の組織・局の序列 榊原英資に学ぶ
財務省人事 次の事務次官は誰? ’19



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です